• 中古車 買取

車買取と下取りの違い

中古車買取と下取りの違いについては簡単に言いますと車買取は乗っていた車を売って現金化することです。つまりそれまで乗っていた車を売って現金を手にしてからはもう車に乗らないか、あるいはそれを資金にして新車や別の中古車を買います。これに対して下取りの場合はそれまでの車をディーラーに査定してもらってその査定金額を新車もしくは別の中古車と買い換える際の資金にします。

車買取でも下取りでも考えたいのがその車が人気車種かどうかで、中古車市場で人気のある車は新車を扱うディーラーの査定よりも買取専門店の方が査定価格が高いようです。それはディーラーでは、基本的に車は備え付けのマニュアルに従って評価します。つまり新車価格を基準に年式やグレード、走行距離、事故歴、全般的な程度などをチェックして減点法で査定を行います。ですから査定する人がベテランでも新人でも基本的に同じ査定額になります。

一方、車買取専門店や中古車販売店などでの査定は中古市場での流通価格を基準に行う仕組みになっていますから、買取専門店ではこの金額が反映されるので人気車種はディーラーよりも高い査定額というケースがあるのです。このような仕組みですから、車買取ではその車の人気度や市場価格をきちんと調べておくことが大切になります。

一括で何社も査定してもらって高値で売ろう!

中古車査定をしたい

【カービューで一括査定】

最大で8社も一括見積してくれるのはアツイ!
廃車や事故した車でもしっかりと見積もりをしてくれてお金が貰えることが 多々あるのでそういう場合にも安心!車を高く売る為には絶対チェック!

⇒carviewで一括査定


中古車査定

【ガリバーで中古車査定】

日本で一番有名な査定会社といえばガリバー!
業界最大手なだけあって人気のある車はかなりの高値で買い取ってくれる。さらに下取りをして別の中古車を購入することもできるのはかなりお得!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ