• 中古車 書類

必要な書類

中古車を売る際(名義変更手続き)には様々な書類等が必要となります。そして必要書類に不備があると車を売ることは出来ません。したがって必要書類等は早めに用意してスムーズに問題なく車を売ることが出来るようにしておくことが必要です。

車(中古車)を売る際(名義変更手続き)に必要となる書類には、まず自動車検査証(車検証)があります。車検が残っている場合や一時抹消登録(廃車)していない場合には自動車検査証(車検証)は必ず必要ですから紛失や盗難等で車検証がない場合は運輸支局(陸運局)で再交付してもらいます。また、廃車(一時抹消登録)の場合は自動車検査証(車検証)の代わりに一時抹消登録証明書が必要です。

次に自賠責保険納入証明書(自動車損害賠償責任保険証明書)が必要です。これは必ず加入しなければならない自動車保険(強制保険)の加入証明書のことですが、車検が残っている車を売る時(名義変更手続き)には必ず必要になる書類です。紛失した場合には加入している保険会社から再交付してもらわなければなりません。

それから、自動車税納税証明書で、車を売る際(名義変更手続き)には必ず必要です。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再交付してもらいましょう。なお、軽自動車の場合は軽自動車納税証明書が必要となります。

実印も必要です。車を売る時に必要な譲渡証明書に捺印するために車所有者の実印を用意してください。さらにその印鑑が実印であることを証明するための車所有者の印鑑登録証明書1通(通常、発行後3ヶ月以内のもの)が必要になります。

そして譲渡証明書ですが、これは車を譲渡、名義変更する際に必ず必要となる書類ですが中古車買取専門店や下取りに出す場合はディーラーや買取業者が用意してくれますが、個人間で車を売買する場合は運輸支局(陸運局)で入手します。

また、住民票が必要になります。車検証の住所と、印鑑登録証明書の住所が異なる場合は、本人が同一である確認のために車検証の住所と現住所への関連が分かる住民票が必要となります。

さらに所有権解除書類も必要になるでしょう。ローンで車を購入し、車検証の所有者の欄がディーラーや販売店、ローン会社などになっている場合は、所有権解除書類が必要となりますから、ディーラー、販売店などに所有権解除書類を用意してもらはなければなりません。

最後に委任状ですが、車の名義変更は所有者が行うことが原則です。しかし中古車買取店やディーラーの場合は中古車買取り店やディーラーが名義変更を行ってくれることがいので名義変更の代行を依頼したことを証明する委任状が必要になります。

その他、預託済み(支払済み)のリサイクル券や車の売却金が振り込まれる金融機関の口座番号、相続に関する書類(相続などで他人名義の車を売却する場合)なども必要になります。

一括で何社も査定してもらって高値で売ろう!

中古車査定をしたい

【カービューで一括査定】

最大で8社も一括見積してくれるのはアツイ!
廃車や事故した車でもしっかりと見積もりをしてくれてお金が貰えることが 多々あるのでそういう場合にも安心!車を高く売る為には絶対チェック!

⇒carviewで一括査定


中古車査定

【ガリバーで中古車査定】

日本で一番有名な査定会社といえばガリバー!
業界最大手なだけあって人気のある車はかなりの高値で買い取ってくれる。さらに下取りをして別の中古車を購入することもできるのはかなりお得!

⇒Gulliverで見積もり

このページの先頭へ